aws運用サポートの上手な活用方法

awsは導入することがゴールではありません。現場で運用し効果を出すことが最大の目的です。運用をしっかり行うためにはサポートが欠かせません。awsの運用サポートを利用する方法を紹介します。運用サポートはawsの構築や保守とセットになっており、上手に運用サポートを行うとシステムの高度化やビジネスの拡張につなげることができます。

awsのセキュリティグループの運用について

awsの構築、運用、保守は一体化がベスト

awsに知見や経験がない初心者の場合、awsの構築や運用をいきなり行うのは難しいのが実情です。awsのようなクラウドサービスの管理は、一般的なプログラム知識を有していることとはスキル要件が異なり、awsの提供する学習プログラムに参加したり、それを証明する資格を有している事が望ましいとされています。

そのため自社にそのようなスキルを有しているスタッフが存在しない場合、awsの構築や運用のサポートを受けることが最もベストな方法です。総合的なサービス提供を受けるのが最善の方法ですが、コストが高くなってしまいせっかくのクラウドサービスのメリットであるコスト安の恩恵を受けにくくなってしまいます。

そこで、部分的なサポートを受けるべき、構築の一部や運用の一部、保守の一部といったパーツ契約を考えがちですが、この方法は後に課題を残すことになります。システムの設計は、オリジナリティある項目で他人が構築した内容を保守することは基本的にできません。

そのため、構築と運用のサポートを別の会社に依頼することは難しく、運用サポートを依頼する場合には、運用サポートができるように構築をやり直すと言った手戻り作業が発生する可能性も高くなります。

将来的な構想を考えると、awsの構築から運用、保守に至るまで一貫したサポートを提供できる会社が最も望ましく、サポート内容に応じて柔軟に対応できることが最もベストな選択肢です。

高度化を見据えた運用サポート

awsの運用サポートとは、構築後に安定して運用させることを目的としています。システムは利用後に様々な問題が生じます。例えばパフォーマンスの低下や、利便性の追求、ユーザビリティの向上などです。システムは利用者が当然存在するため、利用者の意向が主な改善ポイントになります。

環境や利用状況などに応じてリアルタイムに発生する運用課題を分析して解決していくのが運用サポートです。運用サポートは課題の解決だけにとどまりません。一歩ずつでも課題解決とともに高度化に向けて取り組んでいく必要があります。

システムを利用してより便利にしていくのが運用サポートを担うベンダーの使命です。パフォーマンスの低下においては、冗長性を準備した上でパフォーマンスコントロールを行う事ができるようにプログラムを設計したりしますが、同時に、より大きい負荷がかかる場合を想定して回路分岐を準備しておくことや、逃げ先のインスタンスを別に設けておき、一定数の同時アクセスが生じた際に回避させるなどの方法を準備しておく事で、将来の高度化を担うことができます。

一気に高度化すると現実味がないだけでなく、コスト見合いが悪くなってしまうため、現実性を見極めた上での順番を考慮した高度化のアプローチが必要となります。

ビジネス展開を見据えた運用サポート

企業が行うビジネスにawsを活用するケースも少なくありません。自社サーバーでは実現できなかったサービスをawsを用いて実戦するケースも多くなっています。例えばECサイトです。自社サーバーでは、不特定多数の莫大なアクセス数を捌くだけの余裕はありませんが、クラウドサービスを利用すれば可能になります。

ECサイトの設計はビジネスを左右する状況であることが多く、awsの構築に運用サポートが必要になります。一つがセキュリティです。クレジットカードなどセキュアなデータを取り扱う場合のセキュリティの環境設定や、万が一のトラブルがあった際の対処方法などは知見や経験などが必要です。

また、ECサイトは不特定多数の利用が見込まれるため、セキュリティ強化や万が一の際のインスタンス保護などの設定が必要になります。インスタンスに対してどの感覚でどの程度の監視設定を組み込むべきか、そしてその保守はどのように行うのかを運用サポートしてもらうのがベストです。

ほかにも新しいECサイトの展開方法など、ビジネスコンサルと合わせた運用サポートなどを受けるのも効果的です。

awsをデータサーバーとして利用する際の運用サポート

awsを中核システムとして利用するケースだけでなく、単にデータサーバーとして利用するケースもあります。メインシステムの基盤となっていないため、複雑な設計や構築フェーズを行っていない利用方法でも運用サポートが必要になるケースもあります。

awsをデータサーバーとして利用する場合には、既存のオンプレミスのサーバーや他のメインとなるクラウドサービスと接続して利用します。接続方法はAPIなど各種方法がありますが、接続部分でのセキュリティ保護なども必要になります。

データがどのタイミング蓄積されたのかログとして記録したり、削除や上書きなどがいつなされたのか、読み込みなどのタイミングも監視しておく必要があります。awsをデータサーバーとして利用するだけでも運用サポートを介して安全に稼働していることを常に確認することがベストな方法です。

運用サポートを一任する事のデメリット

運用サポートはawsを構築し、保守を担う会社に一任するのがベストな方法ですが、すべてを任せきりにすることはデメリットになります。実際の設定がどのようになっているのか、それを行うことでの効果などを自社で把握しておく必要があります。

想定外の事象が生じたときに判断して行動する指示をするのは依頼側になるため、運用サポート状態を把握しておかないと適正な判断ができません。また、運用サポートの料金には相場がありません。設定内容や保守内容など個社毎に異なる設定になっているため、運用サポートの内容を把握しておかないと言い値になってしまう可能性があります。

運用サポートの範囲と必要性、そして金額が正しいのか見るためにも任せきりのサポートはNGなのです。

ec2って何?aws運用の際に考えたいこと

awsの運用サポートは構築や保守と一連の流れで行うのがベスト

awsは運用時だけのサポートを依頼することはできません。ベンダーは構築した内容をベースにサポートを行うためです。そのためawsの運用サポートを検討する場合には少なくとも構築フェーズから一緒に行うことが必要になります。

また運用サポートを介して今後awsをどのように活用していくかのビジョンも併せて持つと、高度化などの近道になります。

投稿日: