ec2って何?aws運用の際に考えたいこと

「ec2って何?」「ec2を導入するメリットは?」など、初めて利用する際は様々な疑問が生じるもの。IT分野の話は専門用語も多く、分かりにくさを感じる人も少なくありません。ここでは、基本的な内容について、分かりやすいよう説明していきます。

これから導入を考えている、基本的な知識を身につけておきたいという人は、参考にしてみてください。

awsとは

awsは、「Amazon Web Service」の略称です。通販サイトの大手であるAmazonは、ウェブ上でクラウドコンピューティングサービスも提供しています。awsは、元々自社のサービスを支えるために作られたものです。

世界中で活躍するAmazonにとって、インフラの強化は避けては通れない問題でした。2006年7月になると、そのノウハウやスキルを活かし、ウェブサービスのひとつとして、awsの提供をスタートさせました。

多種多様なクラウドサービスを提供しており、ビッグデータの分析やAI(機械学習)機能の利用、Webサイトの運用など様々な用途に対応することができます。使った分だけ費用がかかる変動型のシステムを取っていることも、特徴のひとつと言えるでしょう。

クラウドインフラサービスの市場には、Amazonの他に、MicrosoftやIBM、Googleなど数々の大手が進出しています。

しかし、そのような過酷な状況の中でも、Amazonのawsは高いシェアを誇っており、世界中で多くの人々から利用されるサービスに成長しました。利用者が多く、awsに関する情報を集めやすいことも、さらにその魅力を高める要素となっています。

aws運用サポートの上手な活用方法

ec2の概要

awsの中には、Amazon AuroraやAmazon VPCなど数々の製品がラインナップされています。分析やIoT、管理ツールなど、多種多様な要望に応えられるよう、そのバリエーションはとても豊富です。

ec2は、その中のひとつで、正式名称は「Amazon Elastic Compute Cloud」となっています。ec2を使うと、クラウド内で仮想サーバーを簡単に構築できるようになります。かつて、サーバーを構築するためには、物理的な作業が伴っていたため、多くの人件費や作業時間を要していました。

ec2では、そのような負担が発生することなく、クラウド上においてサーバーの構築が可能になります。名前になっている「Elastic」という単語には、弾力のある、伸縮自在のといった意味を含んでいます。まさに、自由自在にサーバーを構築できる、ec2の特徴を捉えていると言えるでしょう。

うまく活用することで、企業やスタッフの負担を、時間的にも費用的にも減らすことができます。

ec2のメリット

ec2を導入すると、様々なメリットを得られるようになります。

#スペック変更が簡単にできる必要なサーバーのスペックは、いつも同じとは限りません。季節や時間帯などによって、必要なスペックに差が出ることもあるでしょう。また、そのタイミングは企業や事業の内容などによって異なります。

ec2では、このように変動がある場合でも柔軟に対応し、必要な時だけスペックを変更することができます。物理サーバーの場合、CPUやメモリ、台数等を変更する場合は、多くの時間やコストが掛かってしまうため、簡単には調整できません。

ec2であれば、急激にアクセスが増える等、負荷が急に増えた時でも柔軟に対応できるため、業務がスムーズに進められるでしょう。#従量課金制によるコスト削減ec2は基本的に従量課金制です。つまり、実際に使った分だけ請求されるシステムになっています。

そのため、無駄なコストが生まれることはありません。使わなくなったサービスがある場合は、その分を停止することで、出費を抑えられるようにもなります。現状、無駄なコストが継続的に発生し、負担になっている場合は、ec2の導入を検討してみてはいかがでしょうか。

#サーバーの構築が短時間でできる仮想サーバーのため、サーバーの構築を短時間で行うことができます。構築や運営のために、多くの人件費を支払う必要はありません。また、短時間でサーバーを構築できるため、スピードが求められる状況でも安心です。

効率化も図れるようになるでしょう。

ec2のデメリット

メリットが多いec2ですが、一方でデメリットも存在します。導入する際は、それぞれの特徴をしっかり把握しておくようにしましょう。#補助記憶装置がないec2自体には、ストレージやバックアップ機能はありません。

そのため、ec2とは別のサービスを組み合わせる必要があります。

awsの中には、Amazon S3というサービスがあり、データのバックアップやログを退避させるために利用されるケースが多いです。#ec2の機能は限られている仮想サーバーとしてメリットの多いec2ですが、機能が限られているため、その他のサービスと組み合わせて使う必要があります。

そのため、ec2だけでなく、その他のサービスに関する知識や情報も身につけておく必要があるでしょう。

Route53やEBSなどは、その中でもよく導入されているサービスです。#セキュリティはユーザーが負担するものもあるawsでは、セキュリティをユーザーとawsによる共有責任としています。クラウド自体のセキュリティに関してはawsが責任を持って行いますが、クラウド内のセキュリティに関しては、ユーザー側で責任を持つ必要があります。

awsのサービスを利用しているから、そこに関わるセキュリティは全てaws側の問題、とはならないため注意が必要です。

awsを運用するメリット

ec2の料金体系

料金体系には、オンデマンドスタンスやスポットインスタンス、Savings Plansなどいくつかの種類があります。使った分だけ費用が発生するプランや、使われていないインスタンスを割安な金額で利用できるプランなど、その内容は様々です。

また、awsには無料利用枠というものもあり、そこではawsのプラットフォームや製品、サービスなどを無料で利用することができます。最初にサインアップした日から12か月間利用できるため、「まずは一度体験してみたい」「実際の使い勝手を確認したい」という場合に試してみてはいかがでしょうか。

ec2だけでなく、その他の製品も体験することができます。

慎重に検討しよう

クラウドコンピューティングサービスを利用する際には、そのサービスの特徴や、メリットやデメリットまでしっかり理解しておくことが大切です。実務面に置き換えた際に、どのような面でそれを活かせるのか、今後どのようにサーバーを利用していきたいのか、よく考えた上で最適なサービスを選ぶようにしましょう。

専門性の高い分野のため、場合によっては外部の専門家に依頼することも視野に入れてみてはいかがでしょうか。

投稿日: