awsを運用するメリット

自社でサーバーを保持し、運用するオンプレミススタイルからawsのようなクラウドサービスへ乗り換える企業が多くなっています。クラウドはセキュリティ面で不安が残るため、なかなか移行できないという声も多く存在します。

awsとオンプレミスを比較したときのメリットを紹介します。コストやセキュリティ、拡張性など多角的に紹介します。

ec2って何?aws運用の際に考えたいこと

aws運用のメリット①コスト

awsはAmazonが展開するクラウドネットワークサービスです。もともとはAmazonは自社で商品の在庫管理やデータ分析を行うため導入したインフラやアプリケーションでしたが、これを一般ユーザにも利用できるように加工し商用展開したのが始まりです。

いまやawsはクラウドサービスで圧倒的なシェアを誇り、世界のクラウド市場の30%をも占めているとも言われています。日本でも大企業が取り入れるなどawsへの信頼は高く、多くの企業がawsの恩恵を受けています。

そんなawsのメリットはたくさんありますが、最大のメリットはコストです。システムネットワークを自社にオンプレミス環境で構成するためには多額の初期費用がかかります。サーバーなどを管理するための場所やスペースも必要です。

awsはクラウドシステムであるため、自社環境にサーバーを設置する必要はありません。

構築するための機器を準備する必要が無いため、初期費用を削減することができます。awsは必要な時に必要な分だけ利用できる環境であるため、今まで固定費として計上していたコストを変動費に変えることが可能になります。

aws運用のメリット②セキュリティ

セキュリティの観点では、オンプレミスの方がクラウドサービスより強固なセキュリティを持っているという印象が強いですが、実態は逆でクラウドサービスの方が高いセキュリティを保持しています。確かに、オンプレミスと比較するとクラウドサービスはオープンな環境の中で構成されるシステムであるため、セキュリティリスクが高い環境にはありますが、その環境下に十分耐えうる強固なセキュリティサービスを導入しています。

日々進化するサイバー犯罪に耐えうるようにawsのセキュリティも追従して強化されています。一方、オンプレミスのセキュリティは意図的にバージョンアップさせてあげる必要があり、awsのセキュリティリスクより低くなってしまいます。

クラウドサービスには二重三重のセキュリティ対策が施されていることと、過去のセキュリティ侵害や危機の事例などを参考に、新しい対策をすぐに施し実践しています。そのため、常に最新のセキュリティ保護状態にあるのがawsの特徴です。

aws運用のメリット③拡張性

awsには様々な拡張性が備わっています。最も身近な拡張性を感じる事ができるのが容量です。オンプレミスでシステムを構築する際には、予め容量を決めておかなければなりません。容量が枯渇状態に近づけば、新しいサーバーを追加するなど対策が必要になります。

逆に容量が全然余っているような状態でも、サーバーのスペースを狭くしたりする事はできません。オンプレミスにはサーバー容量の物理的な制限が常につきまといます。一方、awsは必要な容量分だけ契約することができます。

将来の容量の事は考えず、今必要な容量で契約しておき、いざ容量不足に陥った際には、追加で容量を増やす契約をすることができます。もちろん容量を減らすこともできるため、利用環境に適した契約をすることができます。

また、接続性における拡張性もawsの魅力です。クラウドとオンプレミスとの接続を簡素化したことはawsの成功の秘訣の1つです。完全aws化にする事ができなくても、自社の既存システムとawsを融合させ運用させる事が可能です。

これもawsの拡張性の高さによるものです。

aws運用サポートの上手な活用方法

aws運用のメリット④パフォーマンス

システムの利用者が増えれば、当然利用環境にかかる負荷が増えてパフォーマンスが低下します。オンプレミスでもクラウドでも同様の事が生じますが、物理的な制限のないクラウドサービスでは、世界中のデータセンターにネットワークを介して稼働を連携し、負荷を一部だけにかけないような工夫がなされています。

また、リージョン毎にメインサーバの管理を分割しており、1つのリージョンに問題が生じても他のリージョンでカバーし、パフォーマンス低下などを防止しています。また、サーバーの質は常に最新状態に維持されており、最新世代ハードウェアへと定期的にアップグレードされています。

オンプレミスではアップグレードもメンテナンスの一環ですが、都度コストがかかるため、常に最新状態を維持することは難しいのが現実です。そのような意味でもクラウドサービスとオンプレミスのパフォーマンスの差は開く一方なのです。

awsを利用する事でパフォーマンスのコントロールも可能になります。ECサイトのように不特定多数の来場が見込まれる際に自社サーバ-だけでは負荷を逃がしきれずにサーバーがパンクしてしまう可能性があります。awsの場合には、自動的に負荷をコントロールしてサーバーダウンを回避すする事ができる機能があります。

ユーザビリティを考慮する場合には重要なポイントです。

aws運用のメリット⑤システム構築のスピード

最後にシステム構築のスピードです。awsは最短数日で契約を行い、システム稼働を可能にします。オンプレミスでは、サーバーの購入や保管場所の構築、配線工事など、システムの基盤を準備するだけでも数ヶ月要します。

クラウドサービスはシステム構築のスピードが格段に高いのがメリットです。amazonの設計には技術スキルが必要になりますが、プログラムやアプリケーションをリリースするためのベースが既に整えられているため、オンプレミスのようにすべての設計を一から構築する必要がなく、稼働までの時間を大幅にや短縮する事ができます。

セキュリティ対策も、オプションとして準備されているシステムを利用するだけの簡単さです。細かな設定は必要となりますが、格段に早期にリリースすることができます。ビジネスのスピードが叫ばれている今、オンプレミスの構築を待っていてはビジネスチャンスを逃してしまう事も想定されます。

awsを利用して、すぐにビジネスを始められるようにする事で時代の最先端を担う事ができるようなります。

awsの運用にはメリットがたくさんある

時代はオンプレミスからクラウドサービスの時代に変化しています。awsをはじめとしたクラウドサービスはビジネスを支える重要なインフラです。awsはオンプレミスと比較してコスト面、パフォーマンス面、スピード面、セキュリティ面、拡張性と様々なメリットがあります。

従来のオンプレミスと並行稼働することができる事もあり、awsは多くの企業で取り入れられています。

参考元…CloudCREW

投稿日: